☘️目頭Z形成+埋没、その後挙筋前転症例☘️

☘️目頭Z形成+埋没、その後挙筋前転術☘️

20代女性


10代に、目頭Z形成と埋没法を行い見た目の改善、開瞼機能改善は得られていましたが、
二重が緩んできたという事で、挙筋前転を行い、さらにしっかりと瞼が開きました✨

初回手術で、目頭Z形成と、挙筋前転を行なう事も可能ですが、
ダウンタイムを考慮したり、
埋没だけで終われる可能性もあることも考えたりで、
そういった選択をする事も多いです。

そして、数年経って、本格的な手術に踏み切る、という流れです。

目の治療は、一回完結!というものではなく、

経年の変化でお直し的な手術が必要となる事もありますし、

美容目的の手術から、次は、開ける!という目的での挙筋前転手術が必要となる事もあります。

ドクターショッピングという言葉もありますが、色んな先生を転々として、

色んな考えの色んな手技手法がごった返すより、

やはり、考えの合う、
美的センスの合う先生を見つけて、

1人に任せた方がうまくいくのでは?と思います。

皆さんも、まぶた治療の、かかりつけ医を持っておくと、いいかもしれませんね!

sawako-clinic について

神戸市御影の形成外科、美容皮膚科です。 クリニックのことをメインに、情報を発信していきますので お見逃しなく(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です