日別アーカイブ: 2022年11月17日

エステ和歌子のよもやま話パート413‼️😂

先日、エステの患者様何人かからお母さんの認知症の事で、励まされたとか、、
自分も元気をもらったとかの嬉しいお言葉を頂き、、

つまらなく感じる人も沢山いるだろうから申し訳ないなぁ💦と思いつつも少し書いてみようと思います。

初めてお母さんが認知症とわかった時は悲しくて悲しくて、人に話をしていてもグスッグスッと涙と鼻水でグズグズになるくらい受け止めきれなかった💦

なんで、うちはこんなに早く???

なんで???

それがぐるぐる回ってたんですよね💦
可哀想😭😭😭って、、、。

そしたらお父さんが、逆に、、

なんで???
なんで悲しい???って返してきたんです。

仕方ないやん。これは運命やって。だから悲しくないって。
残りわずか残ってる記憶のあるお母さんと残ってる時間を楽しく暮らせばいいって。

この本暇な時に、読んでみてってお父さんが、私ぼけますからよろしくお願いします。って言う本を私に、は所々に震える手で引いた赤鉛筆の線が沢山引いてあった。
どのように対応してあげるのが1番お母さんにとっていいのか、、、。
お父さんもいっぱい今までの自分を反省するかのように、、、自分のかけてきた言葉や態度がいかにお母さんを不安にさせさるのかなどを忘れないように赤鉛筆で線を引いてた。

もうそれを見るだけで、号泣ですよ😭💦
最後まで読めない😭

若い時はどこかの国の独裁者さんみたいに、亭主関白だったお父さん。

お父さんに叱られてお父さんの悪口をお母さんにぶつけたら、、、
ほんと嫌よねって一緒になって悪口を言ってくれたお母さんも、、、
私の悪口の度を超え出すと、、、

「それ以上お父さんの悪口いったらお母さんもあんたの味方できへんよ!!!
お父さん言葉はきついけど、、他の人にはない優しさ、深い優しさをもってるってあんたわからんの!!!」ってお母さんにまで途中から叱られた事ってあったっけ、、、。

お母さん、あの頃からお父さんがほんまに優しい人って見抜いてたんやね、、。

申し訳ないけど、私、今になってほんまは優しかったんやって思い直してるところある。笑笑
今は年老いた2人が愛おしいとさえ思える。

そんな不器用な愛情表現のお父さんを大切に大切に扱ってきたからお母さんは、今お父さんにほんまに大切に扱われてるんやなって思う。

お母さんの変化を常に前向きに受け止めながら、、片上家らしく、、笑いながら順応しながら進んでいく!
もうこれしかないな。

時々、お父さんの事わからなくなってお父さんにうちのお父さんどこいったかな?って聞くって。
もー泣きそうな出来事もジョークで返事してるって言ってた。尊敬します!

時々、和歌子と佐和子の名前わからなくなる時があるって昨日きいた😂

うそー!!!😭😭

涙出るわ。

お父さんの言うように、当たり前の毎日を大切に生きるしかないか!

どうしようもない事を嘆くより、今あるもので楽しくやね!

昨日は4人でゴルフ行ってきました!
今日になったらすっかり忘れてしまったみたいだけど、、、

昨日帰りに、、、

「あーーー〜楽しかったね❤️家族皆んなが同じ趣味って最高やね☺️❤️」って何度もお母さんが言ってくれてた。

あの一瞬だけが真実✨✨✨✨

ながーーーいたわいもないお話お付き合いありがとうございました🙏