日別アーカイブ: 2022年1月13日

☘️経結膜眼窩脂肪脱脂術☘️


64歳女性、目の下のご相談。

目の下のたるみ、膨らみを気にされてのご来院です。

裏ハムラ法(経結膜眼窩脂肪移動術)の適応ですが、
数日後から旅行を予定されていてダウンタイムが少ない方がいい、とのご要望で、

少し効果は少ないですが、今回は脱脂のみにしましょう、

という事で、経結膜眼窩脂肪脱脂術を行いました。

感じだらけで中国語的ですね💦😭

実は、経結膜眼窩脂肪脱脂術前といっても、

眼窩隔膜の前から行くか後ろから行くかでふた通りあるのです✨

私は、眼窩隔膜の前から行く方です。

これだと、場合によっては、ダッシュだけでなく、tear trough靭帯を剥離して、目の下の窪みを解除したり、
緩んだ眼窩隔膜を縫合で補強したり、

施術の幅が広がるからです。

何より

一旦、広範囲に剥離をすること自体がアンチエイジングにつながるからです😊☘️😊☘️😊☘️

下眼瞼のご相談増えています。

今、オペのご予約が春以降になっています。

お急ぎのお方は、お早めのご相談をお勧めいたします。

エステ和歌子のよもやま話パート340‼️新しいメニュー✨✨ケアシス👍

新しいエステメニューでエレクトロポレーションのケアシスが登場です❣️

薬剤をお肌の奥に浸透させると言った内容は今までのイオン導入と同じです。

が、、、

何が違うかというと、、

今までのイオン導入は、汗の穴と毛穴を通って入っていくといったものに対して、電圧が6倍ということで、角質層に、電子孔を開けることで、肌に必要な成分を肌の奥深くまで浸透させる事ができるといったもの✨✨✨✨👍

その浸透力は約20倍と言うから頼もしい❤️😙

そこで、、、

浸透させる薬剤には2種類あります!

一つ目は

レナトスTAプラス

これは、トラネキサム酸と、ヒアルロン酸と、ビタミンC配合のものです!

トラネキサム酸は、慢性的な炎症を引き起こす原因とされる蛋白酵素を抑制し、メラニン細胞の活性化をおさおる抗炎症効果や、止血効果、抗アレルギー作用などの働きによりシミを薄くします☝️

主に肝斑に有効とされています❣️

ビタミンCは、シミの抑制、出来てしまったメラニンを褪色させる効果があります!

そして、ヒアルロン酸は、角質層の水分を抱え込む性質から、トラネキサム酸や、ビタミンCを皮膚細胞内に留め、保湿効果を保つ働きがあります☝️✨✨✨

そして、二つ目の薬剤は、ペップビュー

これは、3つの特長✨✨✨

ペップビューに含まれるイデノベンという美白成分は、強力な抗酸化剤で、細胞成長促進、細胞保護などしてくれ、、

真皮層から、コラーゲン、エラスチンだけではなく、バリア機能を向上させることにより、肌の弾力を蘇らせ、シワを目立ちにくくしてくれます👍✨

そして、メラニンの再生を抑制することで、肌のトーンを明るくし、皮膚の色素沈着を抑制してくれます👏✨✨✨

スゴイ‼️👏

その上、豊富な成長因子と、ペプチドが配合されていて、タンパク質の強力な再生機能として、肌に栄養を与えてくれます💕

更に、アルジルリンという、成分!

これ、塗るボトックスと呼ばれている成分で、表情じわの原因となる、筋肉への神経伝達物質の過剰な分泌を抑え、緊張を緩和させ、表情じわを浅くする働きがあるとのこと👏👏👏😆

どちらの薬剤も一度体験された方からは、翌月に凄くよかったわ❤️という、嬉しい声を頂いております😄

私は、断然、ペップビューが好き💓☺️

今は、セラピューティック中なので、、、

終わったらガンガンやりたい施術です✨✨✨✨✨

☘️MWリフト講習会@ヤナガワクリニック☘️

☘️MWリフト講習会@ヤナガワクリニック☘️

当院でも人気のMWリフト、

糸の種類、挿入部位、挿入手技、挿入後の補正、

常に進化しておりまして。。

一度習得したらそれでもおしまい!にならず、

定期的に勉強会が開かれ、

手技の確認をしてもらったり、

難治症例を検討したりしています。

開発者の脇田加恵先生が、細かく丁寧に何度でも指導して下さるのがこの治療の最大の魅力と言えます。

私が習った時には無かった中顔面のリフトを教えてもらえたのが、
今回の私の最大の収穫!

よく患者さんからも、
こめかみあたりを上に引っ張れないの??と聞かれることがありますが、

糸でそれが可能になります✨✨✨✨

楽しみにしていてくださいね。

後列右から梁川厚子先生、野町健先生、真ん中がお食事でお世話になった内野さん、
岩城佳津美先生、川崎留微子先生、
前列右から脇田加恵先生、わたし、塚原孝浩先生

皆さん、美容の道でそれぞれ有名な先生方ですね。